経費削減の行う上で、まず削減項目を絞りましょう。 無理な箇所からの経費削減は後々の経営にダメージを与える可能性・・・