経費削減の行う上で、まず削減項目を絞りましょう。

無理な箇所からの経費削減は後々の経営にダメージを与える可能性があるので、
注意が必要です。

人件費などは特に注意が必要ですね。

ですが場合によっては、
せざる負えない状況になる場合もあるかと思います。

人件費は雇用契約や労働基準法の兼ね合いも考慮しなければならない面もあります。

ですが、やる気のある社員を残して、
強い企業体質を作っていかなければなりません。

後々にダメージを与えないためには、残業カットや賞与カット、
新規採用の縮小などを視野にいれ、
効率的な経費削減ができるように人件費を見直す必要があります。

安易な人件費削減に走らず、モラルを最重要視し、
計画的に行う必要があるでしょう。